拭く時

レンズの表面は非常にキズ付きやすいので、拭く方のレンズの外側を持って、レンズ専用メガネ拭きで、サンドイッチをつまむ位の力でそっと拭いてください。拭く方の反対側を持ったり、力を入れすぎると、フレームやレンズが破損することがあります。

※特に、縁なしフレーム(ツーポイントフレーム)は丁寧にお取り扱いください。

※レンズの外周がむき出しの縁なしフレームは、レンズに穴をあけているため、縁のあるフレームと比較して、レンズが割れる可能性が高くなります。丁寧にお取り扱いください。

レンズにゴミやホコリ等が付着している時

レンズに砂やホコリが付いている場合があります。砂やホコリが付いたまま拭くと、レンズにキズを付けることがあります。まず水洗いをして、ティッシュペーパーで水気を取ってから、レンズ専用メガネ拭きで拭いてください。また、メガネ拭きは定期的に洗ってお使いください。最近は、超極細繊維で作られたメガネ専用のメガネ拭きが、数社から発売されています。

汚れがひどい時

中性洗剤を薄めた液で洗ってください。そのあと水洗いし、前項と同様に拭いてください。アルカリ系、酸性の洗剤は使用しないでください。コートがはがれる原因となります。

超音波洗浄器ご使用の時

1分以内を目安に、メガネを水中で揺らしながら、洗ってください。

※偏光レンズやべっ甲枠などは、水や超音波洗浄器には漬けないでください。濡れた時もすぐに拭き取ってください。水分の影響により変質し、使えなくなる場合があります。

※キズやクラックが入ったレンズを超音波洗浄すると膜ハガレに進行する場合があります。

メガネが濡れた時

すぐにメガネ拭きで拭いてください。そのまま放置されますと、レンズに水跡がシミのようになって、取れなくなります。また、フレームは金属部のサビや、樹脂の変色・変質の原因となります。

汚れが拭き取りやすい「VPコート」や「SFTコート」、「VGコート」付きのレンズのお手入れ

市販のクリーナーや洗剤等のご使用の際は、クリーナー等の成分がレンズ面に残らないようお拭き取りください。クリーナー等の成分が残りますと、VPコートやSFTコート、VGコートのレンズ表面のすべり感が低下することがあります。そのような場合はクリーナー等の成分をよく洗い落とすことにより、元のすべり感が戻ります。

アレルギー体質の方へ

鼻や耳など、フレームが肌に触れる箇所に、かゆみ、かぶれ、湿疹など異常がある時、又は異常が生じた時には、すぐに使用をやめ、皮膚科の医師の診察を受けてください。治療とともに、体質に合った部品又はフレームと交換することが必要です。

変形・改造はしないでください

故意に変形・改造したり、キズを付けないでください。素材が劣化し、破損する原因になります。